代表:高橋 若菜

(Wakana Takahashi Vondra) 

(ピアニスト・ピアノ指導者)

 

仙台市出身。仙台私立常盤木学園高等学校音楽科卒業。

高校卒業後単身クロアチアへ渡る。2007年クロアチア国立ザグレブ音楽大学にて最優秀の成績で卒業。2010年同大学研究科修了。また,2011年再度同大学研究科修了。

リスト・ジロティ楽派の演奏法を直系で受け継いできた最後の体現者であるマリーナ・アンボカーゼ女史の薫陶のもと9年間研鑽を積み,後継者と認められる。

クロアチア,日本各地,オーストリアでソロリサイタル,室内楽,伴奏で数々の演奏会,国際音楽祭に出演。

2011年には、クロアチア各地で東日本大震災チャリティーコンサートをいち早く開催。また被災地仙台でもチャリティーリサイタル開催。

2013,2016年メドリン夏音楽祭(クロアチア),ワルーン音楽祭(クロアチア)にてヴェリャック弦楽四重奏団と共演。 

 

かやぶき音楽堂国際デュオコンクール第2位入賞(日本)

2006年パドワ国際コンクール3位(イタリア)

サンバルトロメオ国際コンクール3位入賞(イタリア)

 

またBS日テレの「大人のヨーロッパ街歩き」で案内人として出演するなどラジオ・テレビ出演や通訳・翻訳など幅広く活躍。

 

 

2014年帰国後、演奏活動の傍ら八千代市で「マリーナピアノスクール」を主宰、後進の指導にあたる。

 

クロアチア国家音楽学校ピアノ指導者教員免許取得

ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)正会員

PTNAピアノコンペティション審査員。

 

また,地域の小学校,幼稚園や公民館で国際理解教育の講師やピアニストとして招かれ、平和について考えるコンサートや子供たちと音楽の楽しさやピアノの楽しさを分かち合うコンサート活動にも力を注いでいる。

リスト・ジロティ楽派とは?

参考書:

ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話 

こちらの本で、リスト・ジロティ楽派を継承するピアニストイーヴォ・ポゴレリッチがリスト・ジロティ楽派について語っています。